まだ乳歯残っていませんか?

10月も今日で終わり...
早いもんで2015年も残すところあと2ヶ月‼︎
ってことは、当院が開業してはや丸2年‼︎
時間が経つのってホント早いもんですね〜 ww
11月になりましたら2016年のカレンダー配布が始まりますのでご期待ください!

ただし、配布枚数に限りがありますのでご容赦くださいませ m(_ _)m


きょうは生後6ヶ月のワンちゃんの避妊手術を行いました。

で、このタイミングで不妊手術をする際にお口の中をちょっと拝見します。

ほとんどの小型犬は写真のような乳歯(特に最後まで残っているのは犬歯です)と永久歯が混在しています。

この犬歯が一番抜けるのが遅くって、一番自然に抜けません... 汗

写真左の乳歯は歯根部(歯茎の中に納まって外からは見えない部分)がしっかりとしていますので、おそらく自然に脱落することはないでしょう...
一般的に上顎犬歯の乳歯と永久歯が混在していいのは2週間、下顎犬歯の乳歯と犬歯に限っては1週間程度だと言われています。

自然に抜けなかった場合は乳歯と永久歯の隙間に歯垢・歯石が溜まりやすくなって早期に歯周病を引き起こしたり、永久歯が正常な位置に萌出できなくて歯並びが悪くなります。

つまり、乳歯がいつまでも残ったままでいると口腔内トラブルの原因になってしまう!ってわけです。


仔犬...特に小型犬を飼われたオーナーには生後6~7ヶ月程度での歯科検診をオススメしています♫
人間のお子さんでも小さい時に歯医者さんで歯科検診を受けるように、ワンちゃん(もちろんネコちゃんも!)の健康な歯を保つ第1歩だと思って歯のチェックにぜひご来院ください。


↓に参加しています。ポチッとお願いします♫