ニキビダニ症

 和名では『毛包虫』という元々常在している皮膚寄生虫です。

マダニとはまったく別物なんで、ノミ・マダニ予防をしてもダメです!

ふだんは悪さはしないんですが、ストレスがかかったりすると過剰に増殖して、毛穴=毛包で炎症を起こします。

特に若齢犬で多く、この子(4ヵ月齢)も眼の周りの脱毛と軽度のかゆみを訴えていました。

そこまでかゆみは強くはないんですが、カビの仲間であるマラセチア菌や細菌(主に表在性ブドウ球菌)が二次感染を起こすとかゆみが増強されます。

実際にテープストリップを行うと“ボーリングのピン状”をしたマラセチア菌と細菌も検出されました。

 

「食物アレルギーだろう」とか「かゆみ止めのステロイド点眼」を安易に行っているとどんどん悪化していくだけなんで、皮膚病といえどもきちんと検査→診断を下す→治療をすることが重要です!

 

↓に参加しています。ポチッとお願いします♫