猫エイズワクチンの必要性

きょうのお昼は月1でやってもらっている某メーカーさんによるFIVワクチン(猫エイズ)についてお話を聴きました。

猫エイズ感染症はレトロウイルス科に属する猫免疫不全ウイルス(FIV)が原因で、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)と似ていることに由来しています。

感染ルートは主に咬傷...つまりは猫同士のケンカが原因で、免疫に関与するリンパ球内で増殖します。

一度感染してしまうと体内から取り出すことは不可能で、その治療は対症療法に限られます。

FIVにはいくつかのステージがあり、主に臨床症状として現れる“口内炎”などはAIDS関連症候群(ARC)期にみられるものです。

最終ステージのAIDS期に至ることはそんなに多くはなく、陽性猫はこのARC期で様々な症状を呈して命を落とすことになります。

国内の猫の10%程がこのFIVに感染していると報告されていますが、実際は臨床症状を示さない無症状キャリアー(AC)期の猫だと検査を行なっていないケースがありますから、実はもっと多いのかもしれません。

 

写真にあるようなワクチンは以前より国内でも流通していましたが、少なくとも私自身は接種することってほとんどなかったんです。

なぜか?

 

1つは飼い主側のこの病気についての認識・理解不足

2つめは我々獣医師側のワクチンの正しい認識不足および飼い主への説明不足

、、、だと思います。

 

私も今回のセミナーを受けるまでワクチン接種による防御率が7割程度ではいかがなものかなぁ〜って認識していましたが、これは実際の感染量の10倍ものウイルスを接種した実験データだったので7割くらいの防御率に留まっていたんです。
それで7割も防げているのであれば、FIVを広めない・罹らないようにするにはワクチン接種は有効ではないでしょうか。

外にお出掛けする子や多頭飼育しているご家庭では検討してもらえたらと思います。

 

まず、予め接種する前に採血を行なってFIV感染の有無を調べます。

検査で陰性であった子(8週齢以上)に、初めての場合は2〜3週間ごとに3回接種し、その後は1年毎の追加接種を行ないます。

当院では初回3回セットで9,000円(税抜)となり、1年毎の追加接種は3,000円(税抜)で実施しております。

↓に参加しています。ポチッとお願いします♫