マダニ予防を始めましょう〜

この写真を見てるだけでムズムズしてきませんか??
これ、昨年より話題になっているSFTSウイルス(重症熱性血小板減少症候群)を媒介する“マダニ”です!(写真はフタトゲチマダニ)

 

今日みたいに日中ポカポカで春めいた気候になってくると野外で活動し始めます。

暖かくなってきたので外で過ごす時間も自ずと増えるかと思います。

そんなみなさまのワンちゃんが庭や散歩でちょっとした草むらに入り込むと、このマダニは犬の二酸化炭素や体温をキャッチして飛びつきます。

で、鈎状になっている口器をブスッと皮膚に刺して吸血します。

ちなみに、この写真のマダニは血をたんまり吸って体が大きく膨れた『飽血』という状態になっています。

 

問題なのはこのマダニが動物だけでなく、私たち人間にも古くからさまざまな感染症を引き起こす厄介者だということです。

ライム病、日本紅斑熱やマダニの仲間のツツガムシによるツツガムシ病など......
SFTSウイルスも研究によって中国から入ってきたものではなく、古来より日本に存在していたウイルス疾患だと考えられています。

今月の25日に厚労省が発表した内容によれば、ほぼ全国的にこのSFTSウイルスの分布が明らかになってきました。

草むらや茂みに入る時は、明るい衣類を選び、長袖・長ズボン・長靴など皮膚の露出を限りなく抑えましょう♫

また、マダニのターゲットになりやすいワンちゃん達にも毎月1回のマダニ予防をお忘れなく!!

 

p.s もし、ご愛犬の体にマダニを見つけたら、ご自分で除去せずに動物病院に行きましょう〜

↓に参加しています。ポチッとお願いします♫