オペ室扉の取手

オペ室にもいくつかこだわりを持って設計してもらいました。

この引き扉がそのひとつ☆

 

よ〜く見ると取手が真ん中と床に近いところの2カ所あります。

これは手術のときに処置室にある自動水栓で洗った後は取手を掴んで開けることはできません。

『誰かを呼んで開けてもらえば...?』って云われると元も子もないんですけど、この下側の取手を足でキックして開けれるようにしたのです♫

さらに、常にクリーンでオープンな印象をオーナーに持っていただきたい思いから、扉はほぼ全面が透明なアクリル板です!

ガラスだと扉自体が重くなり開閉が大変になることと、万一ぶつかったりしてガラスが破損したら大事ですもんね!!

安全面も考慮しつつ、明るい印象の手術室に仕上がりそうですよ〜 huhuhu

↓に参加しています。ポチッとお願いします♫