Equipment

昼間の病院ファサードです。

水飲み場も用意してありますのでご自由にご利用ください。

外に待合ベンチがあります。

 

※自動ドアではないのでご注意ください。

※芝生での排泄はお止めください。

の病院ファサードです。

周囲に明るい建物が少ないのでわかりやすいと思います。

植栽にかけたイルミネーションが目印!

ネッツトヨタさんのすぐ南隣りです。

 

※一方通行の側道ですので通り過ぎないようにご注意ください!

待合トイレです。

自動で照明が点きます。リードフックも取付けてあります。トイレは毎日清掃し、清潔な状態にしてあります。


受付です。

初診の方はここで『受付カード』と『問診票』をご記入ください。

動物保険証をお持ちの方は受付時にご提示ください。

明るく笑顔で応対しますので、些細なことでもお気軽にお尋ねください。

待合室です。

座り心地の良いイームズチェアを10脚ご用意しています。外待合にもベンチがありますのでご利用ください。

木製ラックにはオススメのフードやケアグッズ、シャンプーを陳列していますのでチェックしてみてください。

第1診察室です。

ここでは猫、ウサギなどの小動物から鳥の診察を行ないます。レントゲンやエコーなどの画像はOsirixというソフトを使ってモニター上で説明致します。


第2診察室です。

ここでは主に犬の診察を行ないます。診察台も第1診察室よりも広めになっています。“マグピタボード”というホワイトボードを使ってご説明致します。

モニター付光学顕微鏡

検便、尿沈渣、皮膚検査および細胞診の標本画像をここで一緒にご覧になれます。

自動血球計算器(セルタックα)

赤血球、白血球、血小板数を全自動で測定します。白血球分類は塗抹を引いてカウントしています。


画像診断室 その1

(コニカミノルタ レジアスΣ)

レントゲンはスペースを有効に使うため天吊りレールにしてあり、撮影台はストレッチャーも兼ねています。撮った写真はCRで読み取り、各診察室のモニターでお見せします。また、調光ライトを取付けてありますので眼の検査や超音波ガイド下での処置にも使用します。

画像診断室 その2

(日立アロカ α6)

カラードップラー搭載の超音波検査機器です。お腹の中や妊娠診断、心臓の動きを調べるために使用します。柔らかいマットの上で仰向けになって検査を行ないます。レントゲンと違って体への影響は無害です。

☆ iVEAT腹部超音波研修修了

ドッグバス

当院ではトリミングは併設しておりませんが、皮膚病の子の薬浴などを行ないます。薬浴は要予約となります。

 

基本的には日常ケアでのシャンプーはお断りしています。ただし、病気持ちなどの理由で自宅や美容院でのシャンプーが難しい子は一度ご相談ください。


手術室  その1

生体情報モニターと麻酔器・人工呼吸器

手術中に安心してオペができるように、心拍数や血圧はもちろん換気量も測定できるモニターです。

また自発呼吸が止まった場合でもすぐに人工呼吸器に切替ができるようなシステムを整えています。呼吸器も取り外しができますので、そのまま入院室でも管理ができるようになっています。

手術室 その2

電気メスとサクション

電気メスは手術中の出血を最少限に抑えたり、止血するために用います。

吸引器はお腹の中を洗浄した液を回収したり、痰などの閉塞物を吸引したりします。

手術室 その3

一般歯科器具

用途に合わせたチップを装着した超音波スケーラーで歯にこびりついた歯垢・歯石を除去し、研磨剤を使ってポリッシングしていきます。また、乳歯や歯周病の子の抜歯は動物用のエレベーターや骨膜剥離子、抜歯鉗子などを使って慎重に行ないます。


薬局

各種注射薬・点滴や内服薬・外用薬を取り揃えています。

錠剤が飲ませにくい子には粉薬もご用意できますのでお尋ねください。

犬 入院舎・ホテル室

防音整備してある部屋にステンレスケージで6頭まで入院・ホテルが可能です。

中敷がとれる場所もあるので大型犬もお預かり可能です。

天井にはwebカメラを設置していますので、入院している子の状態を獣医師が屋内外でチェックできるようにしています。

猫・小動物 入院舎・ホテル室

こちらも6頭分のスペースがあります。猫舎も同様にwebカメラを設置しています。

ワンちゃんとは隔離してあるのでストレスが軽減されます。


ドッグラン

ホテル等でお預かりしているワンちゃんのストレス発散の場の運動場です。奥行きがありますのでリハビリスペースとしても利用できます。

耳鏡・検眼鏡・パンオプティック

耳鏡を使って耳道や鼓膜の状態を調べます。うさぎの臼歯の不正咬合をチェックする際にも用います。

検眼鏡で主に前眼部(角膜や水晶体)を検査し、パンオプティックで眼底(網膜や血管、視神経乳頭)の状態を調べることができます。

ネブライザー(噴霧器)

ミスト状の薬剤を直接吸い込むことで、犬のケンネルコフや猫の上部気道感染症の治療に使用します。


HBクワット-MC
診察台や入院舎の清拭に使用しています。パルボウイルスや伝染性腹膜炎ウイルス等の感染症ウイルスに対しての不活化効果も認められています。

中性電解水「AP水」

除菌・消臭効果に優れた中性の電解水です。当院では主に耳浴に使用していますが、傷口の消毒や目やに・足裏やお口のケアにも適しています。最終的に食塩になるので体への害はありません。100mlの小分けボトルでお渡しできます。

眼圧測定器(トノペン)

眼圧を測定する機器です。緑内障やぶどう膜炎の診断に用います。


マイクロチップと専用リーダー

データマース社の重さ約0.5gのマイクロチップ。

世界にひとつだけの個体識別番号が登録されます。専用のリーダーで読み取れば、災害時等の迷子防止にもなります。

 

 

犬猫用の尿比重計と屈折計

左の尿比重計は尿検査で使用します。

右の屈折計は血液検査や体液貯留液の比重やタンパク量を測定する際に使用します。

マイクロエンジン(サージックXT plus)

小型犬・猫の橈尺骨骨折手術のプレート設置前のドリリングや椎間板ヘルニア手術、前十字靱帯断裂手術や大腿骨骨頭壊死症といった整形外科手術で活躍します。

アタッチメントを換えて、骨に穴を開けたり・削ったり・切ったりがこれ1台で可能です。

また、ハンドピースを替えて抜歯手術での多根歯の分割にも使用します。

血中乳酸濃度測定器(ラクテートプロ2)

さまざまな疾患での病態把握や予後指標に利用される乳酸値を1滴の血液で測定することができます。主にGDV、糖尿病、腹水の原因の鑑別に使用します。

酸素カプセル

カプセル内に1.1~1.3気圧の高気圧をかけることで酸素が血液中に溶け込みやすくなる装置です。

体内の酸素が増えることにより細胞が活性化し、健康維持やアンチエイジング、リラクゼーション効果が期待できます。

 

※ 健康な子が使用するものです

バランスボール

前十字靭帯断裂や膝蓋骨脱臼整復の術後や筋力低下の子のリハビリ器具のひとつとして使用しています。


体圧分散・温風マット

手術台をV字にして動物のからだ全体を包み込めば、手術時に低下する体温を効果的に保持・復温することができます。

また、低反発マットを手術台の上に敷いてあるので過度に沈み込むことなく安定して手術が行えます。

低周波治療器(ラスパーエース)

鍼治療を施した後に通電して筋肉に刺激を与えて鍼+電気の相乗効果を生み出します。

椎間板ヘルニアによる麻痺などの神経疾患に使用します。

自動尿分析装置(ポケットケム)

これまでは尿試験紙で測定していたものが、全自動で測定するので誰が測定しても客観的なエラーが出ず、半定量検査でもあるので数値化されるのもメリットです。UPC(尿タンパク/クレアチニン比)も測定できます。

 


小動物用ロッキングプレート

骨折治療で使用する「Fixin」と「TITAN LOCK」の2種類のチタン製ロッキングプレートを導入しています。症例の体重や部位に合わせて使い分けています。

眼底カメラシステム(クリアビュー)

網膜剥離などの眼底疾患を1度に4枚連続でPC保存できます。眼底像を動物にストレスかけることなく撮影でき説明することが可能です。専用アタッチメントを取り付ければ前眼部の撮影も可能です。

眼科専門医への症例相談に役立ちます。

動物用血圧計(ペットマップグラフィックⅠ

診察室でも待合室でも動物にストレスかけずに血圧測定が可能です。

心臓疾患や腎臓疾患の子で血圧測定の意義はとても重要なので積極的に測定するように努めています。


根管修復機器・機材

歯の破折や歯髄炎等の治療で使用するアイテムです。

歯冠修復に使うレジンは光重合器を照射して固めます。

ポータブル型COパルスオキシメーター(MASIMO Rad-57)

診察中や入院中の子の脈拍数、動脈血酸素飽和度(SpO2)や灌流指標(PI)を測定できます。

低酸素状態にあるのか?、輸液量は十分足りているのか?をSpO2やPIを使って迅速に判断することが可能です。

小動物用ICU装置(Dear M11)

酸素濃縮器と組み合わせて、酸素濃度と温度管理をコントロールできます。

心臓疾患や肺水腫などの循環器・呼吸器疾患の子や術前術後の酸素供給に使用します。


生化学自動分析装置(ドライケム4000V

最大で24項目の生化学検査と電解質測定が可能です。

これまで当院で使用していた生化学検査機器では測定できなかった炎症マーカーである犬CRPが測定できるメリットが高いです。

動物用グルコース分析装置(thinka BS-7110)

わずか0.3μlという極少量の血液で、正確な血糖値測定がたった5秒で計測できます。

免疫反応測定装置(IMMUNO AU10V)

甲状腺ホルモン測定やコルチゾール測定が院内で行えるため治療への早期対応が可能となります。また、新たに総胆汁酸測定も行えるようになったため胆嚢疾患や門脈シャントの評価・診断に有効です。

凍結療法ペン(クリオIQ)

医療用の-89℃亜酸化窒素を体表の小さなイボにスプレーして除去します。

ほとんどのケースで無麻酔下で診察時での処置が可能となります。

血液凝固分析装置(COAG2NV)

手術前のスクリーニング検査でとても重要な凝固系検査をその場で評価できます。

主要なPT(プロトロンビン時間),APTT(活性化部分トロンボプラスチン時間),FIb(フィブリノーゲン濃度)の3項目を中心に外科手術前には必ず実施しています。