2016年

3月

31日

消化管バリウム検査

きょうは消化管造影検査(“Gastorointestinal series” よくGIなんて略してカルテには記載しています)について。

みなさんも人間ドックでご経験がある方が多いと思いますが、バリウムを飲んでレントゲン写真を撮る...って検査です。

人間の場合はイチゴ味やバナナ味のバリウム剤に、胃を膨らますために発泡剤を加えて、レントゲン技師に「ゲップを我慢してくださいねー」って言われて、必死にゲップを我慢して、ゴロンゴロンと撮影台の上で何枚か写真を撮られるかと思います。

ちなみに僕自身は味の付いたイチゴミルク味のバリウム剤は嫌いじゃないです ww

 

しかし、動物は人間のようにおいしく??バリウムを飲んでくれません!

犬が好きそうなビーフ味もなければ猫が好きなカツオ味もありません。

ただの味もなんもない白い液体を誤嚥させないように口から飲ませます。(それでも頑として飲まない子は鼻にカテーテルを胃の手前まで入れて飲ませます。ウサギはこの方法でやります。)

どこの部位を調べたいかで写真を撮る時間は変わりますが、通常は0,5,15,30,60,120,240min...ってな感じで2方向から撮影していきます。

 

この猫ちゃんはプレーンの写真ですでに結腸内にウ○コが多く溜まっています。

初期の腎臓病を抱えて治療中なのですが、水をあまり飲んでいないためか便秘気味で、そのせいで吐いているのかそれとも胃の中に別の問題があるのかを調べるためにGIを実施しました。

猫は通常2時間程度で胃に入ったバリウム剤は小腸へ出ていきます。

しかし、この子は7時間経った写真でも胃内にバリウムが若干ですが残っていました。

やはり便秘症による胃腸の運動障害が嘔吐の原因ではないかと判断しています。

 

胃腸疾患の画像診断はほとんどを超音波検査で場所の特定などを行いますのでそんなに出番のない検査ではありますが、視覚的にも飼い主さんにも説明しやすいので個人的には好きな検査ですね〜♫

続きを読む

2016年

3月

28日

どんな時もじっくり丁寧に!

動物病院に来られる動物は犬猫ばかりではありません。

当院はウサギやハムスターを始め、フェレットやフクロモモンガにインコなどの小型の飼鳥がよく来られます。

犬猫に比べて対象が小さいため、容易に血液検査やレントゲン検査はできません。

注射1本するにも、とてもとても気を遣います。

検査ができないからといって適当に??診察していいわけでもありません。

小さくても飼い主さんにとっては大事な家族ですからね♫

 

先日やってきた子はペットショップから購入して数日の1ヶ月齢のゴールデンハムスター。

下痢が続いて、お尻周りが汚れて(“ウェットテイル”と呼びます)、心なしか元気がない様子。

幼若な個体のウェットテイルは場合によっては命に関わることがあります。

環境が変わったからストレスってことももちろんあり得ますが、最初っから『うん、ストレスだね』で片付けてしまっては何のための獣医師なのかわかりません。

何を与えているのか、いつから下痢なのか、正常な便はまったく出ていないのか、便の色は、食欲はあるのか...などなど話せない動物の代わりに飼い主さんにはこれでもか‼︎ってくらい問診を取ります。

その後、きちんと聴診をし、腹部を触診して、痛みがあるのかないのか、お腹が張っているのかそうじゃないのか、メスだったら子宮のトラブルもありますし、尿が出ていなくて膀胱がパンパンに膨れていることだってあります。

一見、下痢とは無関係なように思える症状でも小動物になればなるほど触診がとても大事になってきます。

 

今回、このお尻に付着していた下痢便から検出されたのは『小型条虫卵』

げっ歯類にはよく認められる条虫(サナダムシの仲間です)で、人にも感染する恐れもあります(人獣共通感染症)。

この寄生虫卵を落とすために駆虫薬を使わないといけませんし、人にも感染する危険性があるんだよ!ってことをきちんと伝えないといけません。

ただ下痢だからといってろくに診察もしないで下痢止めだけを飲ませていてもきっと症状の改善はないでしょうし、何よりも飼い主さんの不安を取り除けないですよね。

 

当院ではどんな動物でも分け隔てなく私の出来る範囲内で、じっくり丁寧に診察させてもらうことを心掛けています。

そのため場合によっては診察時間が自ずと長くなってしまい、診察待ちをされている方々にご迷惑をお掛けすることもあるかと思います。

「前の子の診察が長いなぁ〜」と思われた方は、どうぞ私がいま一生懸命に診察しているものだと思ってください ww

 

続きを読む

2016年

3月

18日

フィラリア予防がそろそろ始まります♫

先日当院の飼い主さん宛に『春の健康診断』のDMを発送させていただきましたが届きましたでしょうか??

 

昨年に引き続き、今年も3/21〜6/30までキャンペーン期間としてこの期間内にフィラリア検査と一緒に1個からでもご購入された方は10%OFFで予防薬をお渡ししています!(2個目以降の10%OFFでの購入条件は最後に購入されたてから1ヶ月以内の場合に限ります)

 

 

今年からフィラリア予防薬に新たなラインナップが加わりました。

1.ネクスガードスペクトラ

従来品のパノラミス錠と同等の予防薬で、フィラリア以外に消化管内寄生虫とノミ・マダニ予防がこれ1つですべてできます♫ パノラミス錠に比べて薬っぽい感じがなく、嗜好性も高いものとなっています。

2.アドボケート

従来品のレボリューションと同等の予防薬で、背中に垂らすだけなので主に猫ちゃんのフィラリア予防に使用されます。猫のフィラリア症は犬よりも重篤な症状に陥るので、近年は猫ちゃんのフィラリア予防意識も徐々に高まってきています。一緒にノミの予防もできるので、ぜひ今年からでも始めていきましょう!

 

12ヶ月持続する注射タイプのプロハートも用意していますが、在庫がなくなり次第終了とさせていただいています。

プロハートをご希望の方は早めに来院されることをおすすめします。

 

毎年4月から6月にかけてはどこの動物病院さんでも混雑する時期です。

特に週末は駐車場がいっぱいになったり、待合室が大賑わいになります... ww

できるだけスムーズにお呼びすることを心掛けていますが、中には病気で来院される子もいます。

忙しいからといって適当な診察をすることは私のポリシーに反しますから、時間がかかってしまうこともあるでしょう。

現在は予約制ではないため、「この時間なら空いています」...とはなかなかお答えできませんが、水曜日と土日は混み合いますのでご注意ください m(_ _)m

p.s 予約制もそろそろ考えないといけないのかなぁ〜なんて時々思ったりもしますが、それはそれでまた問題があるんですが... 苦笑

続きを読む

2016年

3月

16日

リンゴを詰まらせた⁉︎

昨夜は緊急で喉にリンゴを詰まらせたワンちゃんが来院されました。

 

喉...といっても詰まっている場所は食道で、レントゲン写真では胃のすぐ手前まで来ています。

食道は筋肉で出来ている臓器(犬ではほぼ横紋筋、猫では横紋筋と平滑筋)で、食べ物の塊が咽頭部に押しやられると、咽頭部の筋肉の収縮・弛緩によって“蠕動波”によって塊を押し進めて確実に胃内に通過させる、というメカニズムでできています。

また、食道は胃や腸と違って、一番外側の漿膜という構造を欠きます(胃や腸は5層構造になっていますが、食道は3層構造です)。

 

オーナーは「最初は喉の辺りに見えていた」とのお話でしたが、先に書いたように蠕動波によってどんどん塊は胃に向かって押し進められていきます。

症状はまったくない子もいますが、吐き出しやえずき、よだれ、咳などが認められますが、胃に問題があるわけではないので基本的に嘔吐はありません。

咳はよだれが溜まり過ぎて誤嚥を起こすと見られることがあります。

僕ら人間でも誤って気管に入ると“むせる”ことがありますよね? それと同じです。

 

食道は3層構造のデリケートな臓器ですので、このまま放っておくと食道炎を引き起こしたり、詰まっている物によっては穿孔してしまうケースもあります。

処置は全身麻酔をかけて、今回は飲み込んだのがリンゴと予めわかっていたので、胃洗浄で使う太く硬めのチューブを使って胃の中に押し込んで無事に終了です♫

 

『りんご、梨、柿』はこれまで犬で遭遇した食道内異物でのトップ3ですね。

犬は人間みたいに細かく口の中で咀嚼しません。

ある程度の飲み込める大きさであれば飲み込んでしまいます。

人間と一緒に室内で生活する現代ではリンゴなどを与える方がいらっしゃいますが、あげるなとは言いません。

あげるんであれば、擦り下ろして与えてください。

このぐらいの大きさなら大丈夫でしょう...と思っていても、あなたの愛犬は噛まずに飲み込んでいますから!!

 

続きを読む

2016年

3月

14日

乳歯が折れた!

先日4ヶ月のダックスちゃんが「歯が欠けた...」とのことで来院されました。

左上顎の犬歯の乳歯が斜めに折れています。

 

「乳歯だからいずれ永久歯が生えてきて抜けるよ♪」

 

...なんてバカなことを言ってはいけません!

 

斜めに折れていて歯髄が見えている状態ではここから細菌が入り込んでいけば感染・炎症を招いてしまいます。

この子はきちんと全身麻酔をかけ、まだ出てきていない歯茎の中の永久歯の存在をレントゲン写真で確認し、抜歯をして、吸収糸で縫合して終えました。

 

丁寧な仕事を常に心がけています♫

続きを読む